その傘下にいくつ

今後の前途に光がみえる中国介護市場をめがけ、たくさんの外資系ブランドが争うように中国市場に進出している。日本の介護サービストップのニチイも最近、独特の短時間・訪問介護サービスモデルで中国市場に打って出た。だがこのモデルは介護職員から研修費用を徴収し、顧客からも高額のサービス料を取るもので、業界では「中国には合わない」との懸念が瞬く間に広がっている。「北京商報」が伝えた。

ニチイ中国法人の日医(北京)商貿有限公司の増田崇之会長の説明によると、「ニチイブランドは3年ほど前に中国に上陸し、これまでは主に合併再編を通じて事業の配置を進めてきた。現在、北京、上海、広州の3カ所に全額出資の管理会社があり、その傘下にいくつかの合弁会社がある。今年4月末までに、グループは介護事業を正式にスタートさせた」という。

増田会長は、「私たちのいう介護とは中国でいう『養老』(介護の意味)サービスとは明らかに異なるもの」と繰り返し強調し、「中国では『養老』といえば普通は高齢者の世話をすることだが、日本では(介護を担うのは)専門的な知識と技能を備えた『介護』職員であり、早くから社会的に認められている。ニチイがうち出す日本式介護サービスは、専門的な評価と支援を通じて、高齢者に備わった基本的な日常生活を送る能力をできるだけ発揮させ、高齢者が『自立した生活』を送れるよう支援することを基本理念に据えるもの」と説明する。

なぜ今、中国事業を拡張するのか。ニチイが照準を合わせるのは在宅介護の需要増大などのチャンスだ。「2016~2020年中国介護産業投資分析・見通し予測報告」によれば、中国の介護産業には産業チェーンが長い、関連分野が広いといった特徴がある。16~20年の介護市場での消費額は10兆元(1元は約16.3円)を超え、年平均増加率は17%に達する見込みだ。また今後20年間で、中国介護産業の規模は20兆元を超え、中でも在宅介護が飛躍的に発展することが予想されるという。
[PR]
# by kenledkly | 2016-06-07 10:52

このときの赤ちゃん

日本帰りのパンダの梅浜(メイヒン)が29日の朝6時に体重135グラムのメスの赤ちゃんを出産した。現在、母子ともに健康だ。ただ初めてママとなった梅浜は自覚がなかったのか、最初は他のママのように赤ちゃんを胸に抱き寄せることなく、地面で鳴き声を上げる赤ちゃんパンダに全くお構いなしの様子だった。四川新聞網が伝えた。

飼育員によると、20日以上の減食期間を経た5月28日、梅浜はパンダ舎で歩かなくなり、イライラした様子で出産の兆しを見せていた。午後10時53分に破水し、翌29日午前6時に無事出産した。しかし初めてママとなった梅浜は赤ちゃんを出産しても事情を飲み込めていなかったようだ。地面で鳴き声を上げる赤ちゃんを見に行くわけでもなく、他のママのように赤ちゃんを口にくわえて胸に抱き寄せることもしなかった。その場にいたスタッフは再三チャンスを与えたものの、梅浜は切れたへその緒をひたすらなめ続けるだけだった。時間が刻一刻と過ぎ、地面の赤ちゃんの体温は次第に下がり始めた。もしこのままにしておけば命に危険が生じてしまう。

そこでやむを得ず、スタッフは赤ちゃんを地面からすぐに保育器に移した。このときの赤ちゃんの体温はたった33.2度しかなかった。スタッフはすぐに保育器の温度を上げ、手のひらで赤ちゃんを包んで温めながら、1時間ほど経過してようやく赤ちゃんの体温が徐々に正常なレベルまで回復した。スタッフは赤ちゃんのへその緒を切り、母乳を与えた後、今度こそ赤ちゃんの世話をしてほしいという思いを込めて、梅浜の元へ返すことを決めた。スタッフが再び赤ちゃんを梅浜の目の前に置くと、寝ていた彼女は最初何の反応も見せなかったが、ママを呼び続ける泣き声で彼女の母性本能が刺激されたか、彼女はようやく身を起こし、何度か試した後、赤ちゃんを口にくわえて胸に抱き寄せ、そしてなめ始めた。

パンダの梅浜は日本の和歌山県生まれ、同時に誕生したオスパンダの永浜(エイヒン)とともに、13年2月26日に中国四川省成都市に戻った。「浜一族」は現在パンダの海外一族の中でも最大規模を誇る。梅浜が出産した赤ちゃんはこの一族をさらに大きくしたばかりでなく、「浜一族」における孫世帯の一番上のお姉さんとなった。
[PR]
# by kenledkly | 2016-06-01 16:09

2015年の読書長らく更新せず、ごめんなさい。

書く時間はたっぷりあるのに、
書きたい素材もたくさんあるのに、

世相・政局・世界の流れや、自分自身に対して、
何か絶望的なものを感じてしまい、
どうにも意欲が削がれてゆく日々です。



  でもやはり、書きたいことは、
  心置きなく書いておこう――
  いつか、本当に書けなくなる日が来る前に。



元々、このブログでは、
老いや死などの現実問題も含め、
人生について、
訥々と考察したり、語ったりしてゆくつもりでした。

そのための叩き台として、
自分の略歴(平凡でささやかなものですが)
を、こちらに記しておきます。

こういう人間が書いているブログか、
と読者の理解の一助となれば幸いです。
[PR]
# by kenledkly | 2016-05-18 16:40

b0357047_11372346.jpg


私は何か善を行おうと思いながら、
できる。また同時に、悪を行いたいとも思い、そこにも喜び
を覚えることもできる。
ドストエフスキー


善因には善果あり、悪因には悪果あり、一切の行学、それ
相応の報いがあることを「因果応報」という。つまり、
汝に出ずるものは、汝に反るものである。
曾子

悪も行いたいと思い、そこにも、喜びを覚える・・…・。にギクリ。
案外そういうもんなのかもですね。老いたがゆえに・・・?です。
そうですよね。なんでもが「因果応報」であることを、覚える
というか、そう、考えたがいいですよね。そうすると、とても、いじ
めなどはできないですね。
今日はご近所の男児が卒業です。なにか心だけが伝わるなに
かを……と、考えてね。うっふふ。
恥ずかしさを知らないわたし、色紙に絵と言葉を書き、絵の好きな
お子様でしたので、スケッチブックもドアに懸けて、メールしておきま
したら・・・・返信メールがきましてね。……一部ですが……

……○○も、私も、晴れ女&晴れ男!いつもありがとう
ございます。大好きな〇〇さん……

嬉しいこと。晴れましたし、うっふふなによりいいね。
さあ、今日は用事があり出掛けます。晴れていて有り難いわ。

☆因果応報☆

悪いことをしたら
悪いことがおこる

善いことをしたら
善いことがある

それがこの世
因果応報というこの世

自分が悪いことをしたら
自分におきるならば仕方ない当然だから

でもそうじゃぁないと思える
自分の大切な愛する者が苦しむことになる

そう思えるのだそう思うそう思ったら
なんかとっても辛くせつなく悲しい

こうして老いてしみじみと思えるのだ
だからおくらばせながら善い行いをしたい

もうあと残り少ない人生をがんばらねばね
そう思っているのです
[PR]
# by kenledkly | 2016-03-21 11:37

数センチの高さが権威の

b0357047_11492738.jpg


新しい自民党総裁が決まると、彼は総裁室の椅子に腰掛け、感想を求められるという光景を何度か見てきた。まさに、権力の座に着いた象徴として、「椅子」というものがある。

北京の紫禁城を観光で訪問した時、乾隆帝の書と龍の彫刻に囲まれた玉座に圧倒された記憶がある。
中国は唐代に西域から椅子に座る文化が入ってきて、以来、庶民にも椅子の生活が定着し、同時に、豪華な椅子が権力の象徴となった国である。

歴史上の日本の権力者の肖像画を見ると、不思議なことに気がつく。
椅子に座っていないのである。
源頼朝しかり、織田信長しかり、豊臣秀吉しかり、徳川家康しかりである。皆、座したまま威厳ある姿を残している。
中国のものをありがたく受け取ってきたこの国は、なぜ、椅子を導入し、権威の象徴としなかったのだろうか。

そに第一の因は、「畳」の発明ではないだろうか。
畳は昔、今のように部屋一面に畳を敷くことはなかった。権威ある人が一畳の畳に座し、後のものは板敷きの床に直に座っていた。畳のわずか、ある無しを示していたのだ。

天皇陛下が御即位の時に鎮座なさる「高御座」。
今上陛下が御即位された時、確か椅子に座っていたと思うが、これは大正期からだそうで、それまでは畳の上に座していたという。

では、なぜ、わずか数センチの高さで権威を示すことができたのか。

先に挙げた権力者たちは、それぞれに絶対的な権力を持ち、それを行使した人々である。
しかし、その人々が権威をひけらかすのに絢爛豪華な椅子など必要としないくらい強烈な光を放っていたとも思えない。彼らは皆、いかにも、人間くさい、人間らしい人々だ。強さもあるが弱さもあった。

そこで、考えてみた。
きっとそこには、いかに絶対権力を得たものでも犯せない存在があったからではないかと。
あの京都御所の無防備さ、しかし、犯しがたい神聖さ、そこにおられる天皇という存在があったことが一つの要因ではないかと。

そして、さらに、思う。
我が国が持つ奥ゆかしさである。権力を誇示する方も、それにひれ伏す方も、わずか数センチの高さでその違いを悟るという感性であると。

そんなことを、ガタガタ揺れる我が家の老いぼれた椅子に腰掛けて考えた。
[PR]
# by kenledkly | 2016-03-15 11:49